DVDに入れたデータは劣化する?写真を綺麗に残す方法を解説!

DVDの寿命はどのくらい?

スマホやデジタルカメラで撮影した写真はパソコンのハードディスクに保存することができますが、ハードディスクも機械ですから、ある日急に読み取れなくなる危険性もあります。読み取れなくなる危険から守るためにはDVDにバックアップして残すことも大切です。DVDも永遠に残せるわけではありませんが、その寿命はまだはっきりとはわかっていません。数十年から1万年と言われることもありますが、保存状態によっても変わってきます。温度や湿度の高い場所で保管しておくと劣化が早くなりますし、頻繁に書き込みをすることでも劣化を早めると言われています。永遠に残すためには定期的にバックアップをするか、他の保存方法と併用することが必要となります。

クラウドストレージの利用

ソフトやアプリを利用することでクラウドストレージサービスに保存することができます。一定量までは無料で利用できるサービスですが、保存容量を増やしたい時には有料となります。パソコンやスマホが壊れても写真のデータは残っていることが最大のメリットで、新しい機器に買い変えればまた画像を呼び出せるようになります。日付ごとに自動でフォルダ分けされますので枚数が多くなっても探すのは簡単ですし、スマホがあれば場所を選ばずに見れることも便利です。サービスによってはデータ容量の大きい画像を保存する時に容量を小さくして画質を落とす必要があることはデメリットですが、ネット環境だけで無期限に保存できることは大きなメリットです。

Top