HDDに保存できる写真データの種類まとめ!

すべての写真データを保存できる

スマホやデジカメで撮影した写真は、本体の記憶領域やSDカードなどに保存されています。それらはデジタルデータなのでパソコンのHDD(ハードディスク)に移動させれば、そちらで便利に保存できるようになっています。整理や管理も簡単に行えるようになるため、写真データの保存方法を探しているなら利用を考えましょう。もしかすると、写真データの種類によっては、HDDに保存できないものがあると考える方もいるかもしれません。しかし、基本的にはどのようなものでもHDDに保存できるので、種類によってはじかれてしまうことはないです。ただし、パソコン側がそのデータを写真と認識できなければ、撮影したものをモニターに表示させることは不可能です。

拡張子をチェックする

パソコンに移動した後、表示できない写真があったときは、拡張子を知るために写真データのファイル名の末尾をチェックしましょう(拡張子が表示されない設定のときは変更する必要があります)。例えば、『サンプル.jpg』という写真データの場合、拡張子は『.jpg』の部分になります。拡張子にパソコンが対応していなければ、写真データではなく、ただのデータとして認識するので画像をモニターに表示できません。もしも、見られない拡張子のファイルをパソコンで開きたい場合は、対応するソフトをインストールしましょう。そうすれば、そのソフトで写真データを表示できるようになります。また、ファイル形式を変換して、拡張子を変更できるソフトもあるので、多少の画質劣化を我慢できるなら利用を考えましょう。

Top